■せら夢公園(せら県民公園)は、”ひろしまはなのわ2020”の協賛会場です。

hananowa2020

 

トンボの小さな写真展

↑トンボの小さな写真展を開催します(チラシpdfのダウンロード

 

ヒョウモンモドキ観察会

↑ヒョウモンモドキ観察会は終了しました。7月4日(日)10:00~12:00にヒョウモンモドキ飼育施設内でヒョウモンモドキボランティア体験”ヒョウボラ”を行います。キセルアザミのプランターの片づけと養生を行うボランティアを募集しています。申込フォーム(グーグルフォーム)よりお申し込みください。

 

チラシpdfのダウンロード   申込フォームへのリンク

次回は6月21日(日)に世羅町田打にあるビオトーチでトンボとチョウを観察します。(ビオトーチ位置図pdf

 

田んぼの学校

チラシpdfのダウンロード  申込フォームへのリンク

※6月13日の田植えは終了しましたが、6月20日(土)13:30より、再度自然観察園観察園で田植えを行います。参加費は無料です。前回はもち米、今回はうるち米(ご飯用のお米)を植えます。申込フォーム(グーグルフォーム)よりお申し込みください。

 

フォトコンテスト

2020年度フォトコンテストの作品を募集しています。(要項pdfをダウンロード

 

青プロ

↑せらワイナリー”青い鳥プロジェクト”(青い鳥プロジェクト資料pdfのダウンロード

 

毎日新聞2020年4月30日

↑青い鳥プロジェクトが毎日新聞(広島備後版2020年4月30日)に掲載されました。

 

トンボ2019年

↑里山セミナーの講師・山根浩史さんに調べていただいたトンボの観察記録2019をアップしました。(トンボの観察記録2019pdfのダウンロード

2018年の記録(pdf)

2017年の記録(pdf)

 

夏のトンボ観察

↑山根悠人くん(小学5年生)が今年の夏休みの科学研究として自然観察園で行ったトンボの観察結果をアップしました。悠人くんは、おじいちゃん(山根浩史さん)の指導を受けながら8月10日の朝9時から午後5時まで1時間ごとに、決められたコースとポイントを歩いてトンボの種類や行動を観察しました。(pdfをダウンロード

 

↑ヒョウモンモドキ保全協議会が作成したガイドブックをにアップしました。どなたでもダウンロードできます。

せら夢公園(㈱セラアグリパーク)はヒョウモンモドキ保護の会と協力してヒョウモンモドキの人工飼育に取り組んで言います。ここで増やした幼虫は、生息地の再生を目指して、生息環境が整った湿地に放虫しています。詳しくは「ヒョウモンモドキ保護の会」のページを参照して下さい。

↑今年度のせら高原の”ゆめ農業講座”は終了しました。(詳細はこちら

2019年度は決まり次第アップします。

☆YouTubeにチャンネルを開設しています。