せら夢公園自然観察園のfacebookYouTubeはこちらから

 

↑飼育施設内のヒョウモンモドキに蜜源としてノアザミの切り花を与えています。身近な場所にノアザミがありましたら、30~40cmの長さに切っておせら夢公園管理センターまで届けください。お時間のある方は、切り花の施設内への搬入を手伝っていただく際に、チョウを観察していただくこともできます。なお、お届けいただくノアザミは、農薬の心配のない農地から離れた場所で 採取してください。

 

↑ヒョウモンモドキ保全協議会が作成したガイドブックをにアップしました。どなたでもダウンロードできます。

せら夢公園(㈱セラアグリパーク)はヒョウモンモドキ保護の会と協力してヒョウモンモドキの人工飼育に取り組んで言います。ここで増やした幼虫は、生息地の再生を目指して、生息環境が整った湿地に放虫しています。詳しくは「ヒョウモンモドキ保護の会」のページを参照して下さい。

 

↑7月8日(日)ブッポウソウ観察会を開催します。場所は世羅町大見自治センター9時集合です。(詳しくはこちら

 

↑せら高原の”ゆめ農業講座”を開講します。第1回は5月19日(土)です。(詳細はこちら

 

↑せら夢公園第2回フォトコンテストを開催します。(詳しくはこちら

 

↑せら夢公園の里山セミナー2018を開講します。(チラシpdfダウンロード

↑里山セミナーの講師・山根浩史さんに調べていただいたトンボの観察記録2017をアップしました。現在の園内では、クロスジギンヤンマシオヤトンボハラビロトンボオツネントンボホソミオツネントンボなどが観察できます。

 

 

 

☆YouTubeにチャンネルを開設しました。(2017年1月23日)イノシシ親子の動画もアップしています。